海外メディア驚愕!!「日本の電車は世界で最も信頼できる」理由は?

BBCニュースなど海外の大手メディアが日本の鉄道の対応に驚きの声を上げています。

つくばエクスプレス、20秒早く出発し謝罪

日本の鉄道会社が14日、定刻よりも20秒早く出発してしまったということで謝罪を発表しました。

定刻より20秒早く出発したことのお詫びの文章

「つくばエクスプレス」を運営する首都圏新都市鉄道は発表文で、「お客様には大変ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます」と述べています。

これに対し海外のメディアから驚きの声があがり話題となっています。

海外メディア「イギリスでは考えられない」

イギリスの公共放送、BBCは「イギリスでは目にすることができない」というソーシャルメディアの反応を取り上げながら、日本の鉄道は世界で最も信頼できると称賛しました。

一方、アメリカの有力紙、ニューヨーク・タイムズは「正確さに関する日本の評価に見事に応えている」と評価しながらも、「日本では大げさなほど謝罪する文化が続いている」と皮肉混じりに伝えています。

海外の反応

以下に海外の掲示板での様々な声を紹介します。

●ニュースリリースによると「9時44分40秒に発車するべきところを9時44分20秒に発車してしまった」とある。神の祝福がありますように。

↑うちの国では秒は計算しないと思う。

「発車時刻:10時ごろ」

↑そして実際は10時半を回っているんだ。

↑それは11時に近いってことだよな。

インド「本日出発します」

インドの電車の時刻表を見てみるといい。12時間くらい遅れることを考えておかなくちゃいけない。

●新幹線の平均の遅延は2016年で54秒、2012年で36秒で、それも避けられない自然災害(地震など)が理由。
生涯で至高の交通機関だったよ、スムーズで、静かで、割と広々としていて、そして飛行機ほどに速い。ただし都市部の駅ではかなり歩かされる欠点はあるけど、もしチャンスがあればみんな乗ってみる価値はあるよ。

↑100%同意。日本から妻と戻ってきたばかりなんだが、広島と東京あたりを行ったり来たりした。JRパスはすばらしい。

↑自分は今、京都に来てるけど、この電車システムはアメリカに欲しい。

●一方東ヨーロッパでは……列車が遅れる平均時間は約8~12分。

オランダでは、あまりに遅れるので時刻表をなくそうという話になってきている。

一方フィリピンでは……走っている途中で電車が壊れなかったらラッキーだよ。

日本の電車の正確性を賞賛する声と驚きの声がありますね。日本の国民性が垣間見えた一件ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう