知っておこう、育毛剤と発毛剤の違い

薄毛や抜け毛に悩んだ時、まず考えるのが育毛剤や発毛剤の活用ではないでしょうか。ドラッグストアに行けば、いわゆる「毛生え薬」がたくさん販売されています。しかし、薄毛の症状に合っている商品を選んで使用しなければ、期待するほどの効果は得られないため注意が必要です。自分の薄毛の症状にあったもの選ぶためには、まず育毛剤と発毛剤の違いを正しく把握する必要があります。

育毛剤とは、有効成分が配合された医薬部外品です。有効成分とは、医薬品ほどではないけれど、ある症状に対して一定の緩やかな効果が認められるとされている成分のこと。この成分が一定の割合以上で配合されているものが、医薬部外品と呼ばれるものです。効果はマイルドですが、副作用もさほど心配いりません。
主な効果は、今生えている毛を太く丈夫に育て、毛が抜けにくくなるといこうものです。そのため、血行促進作用のある成分だったり、頭皮環境を清浄にして整えたりする成分が主に配合されています。よく使用されている成分には、ノコギリヤシやセンブリエキス、イソフラボンなどが挙げられるでしょう。
ノコギリヤシは男性ホルモンの働きを抑制する働きがあります。男性の薄毛のほとんどは進行性の男性型脱毛症(AGA)と言われており、発症原因は、男性ホルモンがある酵素と結びついてDHTという強力な男性ホルモンに変性することです。そのため、男性ホルモンの働きを抑制すれば、抜け毛や薄毛の症状を緩和する効果が期待できるのです。センブリエキスは、血行を促進して頭皮環境を整え、毛根に栄養がい行き届きやすくすることで髪を健やかな状態に導きます。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをし、髪を生えやすくします。
育毛剤の使用が適しているのは、薄毛がまだ初期の段階であったり、薄毛まではいっていないけれど抜け毛が気になりだしたので予防的に使用したいといった人です。なお、育毛剤はドラッグストアやネットで簡単に購入することができます。

発毛剤は、厚労省に発毛効果を認められた成分が配合されている医薬品です。そのため、効果は高いですが、副作用が起こる可能性も考えられます。
主な効果は、新しい毛が生えてくるのを促すということ。今生えている髪を健やかにしたり、抜けにくくしたりといった効果も期待できすが、メインは発毛効果です。
発毛剤の使用が適しているのは、薄毛が進行していて、育毛剤では効果が得られない人です。
主な成分としてはミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドがあります。ミノキシジルの主な作用は血行を改善し、頭皮環境を整えることです。フィナステリドやデュタステリドはDHTの生成を抑制し、薄毛を改善する作用があると考えられています。ミノキシジルと、フィナステリド・デュタステリドは異なる方面からアプローチしますので、併用するとより効果的であることが分かっています。
なお、フィナステリドとデュタステリドは男性ホルモンに働きかけるものです。女性の薄毛には効果がないとされていますので注意しましょう。万が一男児を妊娠している女性が触れてしまった場合、胎児の成長に悪影響を及ぼす危険性が指摘されています。女性は男性用の商品は使わないようにすることが重要です。

ちなみに、発毛剤には外用タイプ(塗る)と内服タイプ(飲む)の2種類があります。購入に際しては、内服タイプは頭髪専門クリニックなどの診察を受けて処方箋を書いてもらう必要があります。外用タイプであれば、ドラッグストアで薬剤師の問診を受けることで購入可能です。海外から個人輸入を行っている代理店を通して、海外の製品を購入することはできますが、これは正規品ではない薬を渡される可能性もあり、また副作用が起こった時に補償を受けられないといったこともありますので、あまりおすすめめできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です